禁酒 ダイエット

禁酒したら自然にダイエットができたという話をよく耳にします。
禁酒でダイエットが可能かと言ったら、十分にありえます。
単純に考えるとお酒を飲む時にはおつまみを食べますが、アルコールが入っているせいでついつい食べ過ぎてしまいます。
アルコールが、脳に働きかけ食欲を増進させてしまうので厄介ですよね。
ということから禁酒すると、それほど食べないということでダイエットにつながります。
ただ逆に禁酒したことでストレスがたまり、それが食べ物の方に向いてしまう方ですとダイエットになりません。
禁煙も似ていて、禁煙すると飴などや甘いものを食べたりして太ってしまうことがあります。
ですので、禁酒のダイエットもほどほどがいいようです。

アルコール自体のカロリーはどうかというと、世間で言われているようにそれほど高いとはいえません。
アルコールのカロリーは、体内のエネルギーとして代謝されやすいからです。
といっても、すべて代謝されるわけではないので飲みすぎると、やはり相当量が体内に蓄積されてしまいます。
ちなみに日本酒1合のカロリーは180~200kcal、ビール大瓶1本250~280kcal、焼酎1合250kcal前後、
ウイスキー(ダブル60ml)140~150kcal、ワイン(100 ml)70~140kcal、サワー1杯140~150kcal、カクテル類は100~200kcalなどとなっています。

ですが、酒のつまみは一人前のカロリーで、鶏の唐揚げ250kcal前後、肉じゃが200kcal前後、まぐろの刺身200kcal前後 、
もつ煮込み180~200 kcal、枝豆50 ~60kcal、焼き鳥80 kcal前後、ラーメン350~400 kcalなどとなっています。

カロリーの摂取量は性別、年齢、身長、仕事の労働の中身などによって差があります。
目安としては20代から40代の男性は2100 kcal~3500 kcal前後、20代から40代の女性は1700 kcal~2800 kcal前後になります。
暴飲暴食すると、簡単に1000~2000kcalに増えてしまい、ダイエット効果がなくなります。
禁酒した朝は、ダイエットをしたようにお腹がへこんだようになるという人も多いようで、うれしいこともあります。

お酒を飲まないということは、酒代を使わなくていいということですよね。
それにたとえば週に1日お酒を飲む日を決めておいて、その時の酒は本当に美味しいものになります。

1週間我慢したご褒美にしても、飲みすぎたり食べ過ぎたりするのはご法度になります。
せっかく禁酒してダイエットしたのが何もなりません。
何事もほどほどにということが肝要になります。

返信を残す

必須項目には印がついています*

*